3歳児とのおうち時間①今日のおうち遊びは「お店屋さんごっこ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急事態宣言から2週間が経ち、家での過ごし方について悩みや不安も増えてきました。

出かけられない子どものストレスはもちろん、親の私も気がつかないうちにストレスを溜め込んでいるようで、少し前に突然ぶわっと涙が放出して「やばい!」と。ブログの更新もだいぶ滞り、うまく気持ちの発散が出来ていなかったように思います。余裕がないない。書くことで気持ちが整うタイプなので、自分なりに気持ちをポジティブに持って行くためにコツコツ他愛のないことでも綴っていこうと思います。

さて、そこで3歳の娘とアラフォー目前(もうアラフォーか?)の私の、おうち遊びについて書いていこうと思います。

おもちゃ総出で「お店屋さんごっこ」

賃貸のマンションに暮らすわが家。狭いお部屋を上手に使わないと、あっという間におもちゃだらけに。でも、こんな時だからこそ…たまにはおもいっきりおもちゃを出しまくって「とことん遊ぶ!」日を作っても良いのでは?と思います。




おままごとグッズを全部出す

おままごとお店屋さん

手作り感満載のお店屋さん。

スーパーへの買い物も、気軽に行けない今日この頃。ならば、おうちで「お店屋さんごっこ」というのはどうでしょう。アイロン台まで持ち出して、全くおしゃれ感はないですが…今日はおうちでお店屋さんごっこです。おままごとのグッズなど、とにかくあるもの「全部もってこーい!」と指令を出すと、3歳女子はせっせとおもちゃを運んでまいりました。

ウキウキして大はしゃぎ!

おままごとお店屋さん

なんでもいいよ、もってこーい。

親も本気で付き合うと、楽しいもんです。中途半端に付き合ってしまうと、「あれもやってないや、これもやらなきゃ」と遊びに集中出来ないし…あー片づけるの面倒くさいな…と、どこかセーブしつつお付き合いの姿勢になってしまいます。

でも、こんな時こそ…実はおもちゃのメンテナンスや不要なおもちゃの選別にも良いタイミング。

「なんだこれ…」というようなものを発見したり、大事にしているおもちゃの汚れを拭いたりできるチャンスでもあります。

おままごとお店屋さん

もう、この2年前くらいのどんぐり…捨ててもいいかな?と思いつつ、おままごとで結構使っているので、そのままに。割れているどんぐりや、傷がついているものだけ抜き取りました。

生まれたばかりの娘のために、せっせとフェルトで作った野菜や、100均アイテム…こどもちゃれんじのエデュトイなど、バリエーション豊富なおままごとグッズ。どれも愛着が湧いていて、なかなか整頓できないまま…。

おままごとお店屋さん

パパはお片付け大好き人間なので、基本的にはワンオペデーに開催します。すぐ、「片づけないと捨てちゃうよ!」と言って、母娘を脅かすので。ふー、こわいこわい。

おままごとお店屋さん

私はこまごましたものや雑貨が大好きで、収集癖のあるタイプなので…断捨離やらミニマリストやら、シンプルライフとはほど遠いわけですが…まあ、それでも日々片づけはちょいちょい頑張っているわけです。頑張っていると…思うわけです。

だから、捨てないで~。




レジで数字やお金のことを学ばせる

おままごとお店屋さん

3歳になったので、ただお買いもの楽しいね~だけで終わってしまうのも、いかんなと思い…

レジのタイミングで、一緒に数を数えたり、お金の話をしたりしています。

「何個買いましたか?」「1.2.3…」と一緒に数えたり、「400円でーす。4の数字を押してくださーい」みたいな、とっても簡単なことしかしていませんが、それでも数字が身近に感じられる良い機会かな?と思って、意識してやったりはしています。

おままごとお店屋さん

折り紙でお財布を作ってみたりもしたけど、本物の財布のが良かったみたい…。私の古い財布に、紙のお金とカードを入れて「ポイントカードもお願いしまーす」「支払いはカードで」など、いっちょ前に言ってきます。

カゴにパンパンに…入れすぎやろ!!!

フルパワーで1日、子どもと遊ぶのって結構ハードですが…今しかできない。今しかこんなに一緒にいられない…と思うと、やっぱりかけがえのない時間なのだなと感じます。頑張りすぎはいけないけれど、それでもやっぱり楽しそうな顔を見ると、こちらもハッピーな気持ちに。

使わないおもちゃを整理しちゃおう♪なんて息巻いていた割に…まあ、結局おもちゃは減らせなかったけど…。そのまま片づけたけど…。

リアル駄菓子屋さんでおやつタイムエンジョイ

先日、ネットのニュースかなにかで「おうちで駄菓子屋さん」風の遊びをしている記事を見つけました。これは楽しいかも!!

わが家のお子も、家にいる時間が長いのもあり「なんか食べたい」「おやつちょうだい」「お菓子タイムー?」と聞いてくることが増えました…。

もともと、ゆる育児&甘い私は、ガッチガチにお菓子管理をしておらず…おやつは「ふかし芋」や「おにぎり」だけでなく、チョコやスナック菓子も与えてしまっています…。

ストイックな友達は、しっかりがっちり管理していて偉いな~と思いつつ、ついつい甘やかしていた私。かといって、いつでもどこでもお菓子を差し出すわけにはいきません。

そこで、おやつの時間になったら、家にあるお菓子を陳列して、レジも並べ(IKEAのレジがシールまみれに!!!)お店屋さんごっこをスタート!今日食べるおやつを、まず自分で買いに行く!というルールで、楽しむことにしました。

これが、娘に大ヒットし。毎日毎日お菓子屋さんをするはめに…。

でも、うまくいくと、お店屋さんごっこを繰り返すうちに満足するのか、そのままお菓子を食べないで終了することもあるんです。笑

いちいち並べるのは面倒くさいけれど、ただお菓子を与えて終わり~じゃなくて、おやつタイムもイベント性が出て楽しいなーと思いました。

付き合うのが大変だけど…。でも、おやつタイムのために出しっぱなしのおもちゃを1度片づけて~という、リセットの合図にもなって、メリハリが付いていいのかも、と母も気に入っています。

無理なく幼児とおうち時間を過ごす

やることいっぱいあるし、子どもに付きっきりで「そんなに1日しっかり付き合えないから!」と言われるのも事実ですが、こういう過ごし方をしたよ~と他愛のないことを発信することで、おうち遊びのヒントになれば良いかなあと思います。

今は暗いニュースが多く、自由に出かけることができず…これからの不安のが大きいけれど…

気持ちだけでも明るく!なるべくポジティブな気持ちで過ごせますように。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする